SIVA YOGAのRYT200 について

□ もっとヨガのことを知りたい

□ もっとアーサナが上手くなりたい 

□ 自分でヨガの練習ができるようになりたい

□ スッキリした身体を維持したい

□ 平和な心を保ちたい

□ 家族やまわりの人にヨガを伝えたい

□ ヨガ・インストラクターってどんな仕事だろう

そんな、あなたへ…

「あの先生のレッスンは勉強になる」と

インストラクターたちからの評価も高い

シバヨガ選り抜きのヨガ・ティーチャーたちによる

シバヨガの講師養成講座が始まりました。

シバヨガのRYT200カリキュラムは、「ヨガの伝統」と「現代の科学的エビデンス」の両輪を大切にしながらバランスの取れた親しみやすいヨガをお伝えしていきます。

「RYT200」とは、200時間のカリキュラムを通じてヨガインストラクターとしての基礎を学ぶ全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成コースのことです。はじめてヨガを本格的に学び始めるのに最適のコースです。


200時間カリキュラムの内容

  • アーサナ、呼吸法、瞑想のテクニック、トレーニング、実践 90H
  • クラス指導方法 25H
  • 解剖学、生理学、生体力学 30H (ビデオ視聴20H含む)
  • ヨガ哲学と倫理 30H (ビデオ視聴20H含む)
  • プロとしてのあり方、ヨガビジネス 25H

受講時間・期間

週1回7時間を23回受講していただきます。約半年間となります。
宿題もあります。

RYT200合格要件

  • 全講座に出席すること
    次の期での振替やオンライン振替も可能。
    3年以内に全講座を修了してください。
  • 確認の課題を提出すること。(ヨガ哲学・解剖学・ヨガテクニック)
  • ヨガクラス発表
    卒業試験としてヨガクラスを発表していただきます。全員が卒業して楽しくヨガクラスを提供できるようになるよう講師一丸となってバックアップ致します。 

新しいヨガアライアンスのカリキュラムに対応

シバヨガスクールは、申請したばかりの新しいスクールではありますが、全米ヨガアライアンスの新基準にのっとったカリキュラムになっているというメリットもあります。

以前のヨガアライアンスのカリキュラム規定では、200時間中75時間もスクールが自由に使える時間がありました。しかし、今回の改定でみっちりとほぼ全時間ヨガを伝えるカリキュラムを組むことになりました。
また、経験豊富な講師が教える時間が200時間中65時間だけだったのが今回の改定で150時間となりました。(シバヨガでは200時間全て経験豊富なヨガ講師がバックアップします。)

少人数で温かい雰囲気

生徒さんは5名程度を予定。
たとえ多くても10名未満でしっかり目が行き届きます。

キレイな広いスタジオで講師との距離も近くフレンドリーな雰囲気で受講していただけます。

欠席対応

リアルタイムでライブ配信するため、体調が悪い場合には自宅で受講することができます。その日どうしても外せない用事がある場合には後日視聴することもできます。

安心の適正価格

丁寧に伝え、安心して受講していただくために、適正と考えられる価格を採用しました。

374,000円(税込)

※ 早割:先着3名様 3万円引き
1650円台の解剖学の本は別途購入していただきます。

卒業後

ヨガインストラクターとして卒業後すぐに活動ができるようヨガ指導スキルとビジネススキル両方の面から講座内でバックアップします。さらに、レッスン提供の実践を積めるようスタジオの仕組みとしてもバックアップ。スタジオでレッスンを受け持っていただくチャンスをシバヨガスクールの卒業生に優先して提供していきます。



卒業生の声

RYT200の講座を受けるに当たって、不安に思っていたこと
①ヨガを習い始めたばかりの私がついていけるのか
②仕事や家庭との両立ができるのか
③私以外の人はみんなスタイルが良くて、身体が柔らかいのではないか
⇒あれこれ考えるより、思いきって飛び込んでみました!講座を通して、尊敬できる先生方と仲間たちに出会う事ができました。先生方は人と比べるのではなく、私自身を見てくれて、私も私自身を大切に思うことができるようになりました。

第一期卒業生 Toshie